SMAP解散を香取慎吾が強行した真相【最新】やっぱり誰が得?

SMAPがついに解散ですね。香取慎吾さんが強行したという話や、やっぱりという声などが入り混じっています。香取慎吾さんが強行したとされる真相について考えてみました。

SMAP解散では結局だれが得するのでしょうか?そんなことも考えていきたいと思います。

Sponsored Link

SMAP解散を香取慎吾が強行した理由

images (1)

2016年8月14日に明らかになったSMAPの解散。今回のSMAP解散の主役ともされるのは香取慎吾さんです。

報道によると、一時「無期限休養」にまとまっていたところ、休むなら解散したいと香取慎吾さんが強く言い張ったのだそうです。

個性が強いSMAPがここまで成長し、長い間国民的アイドルという存在でいられたのも、かつてのマネージャーであったIさんという女性のおかげだったのでしょうね。

バラバラなキャラクターがファンから見ても、ファンでない人から見ても本当に唯一無二の存在で面白かったですよね。

しかしその陰では元マネージャーの存在あってのものだったのかな。

香取慎吾は元マネの秘蔵っ子

ダウンロード

香取慎吾さんは元マネージャーのIさんという女性をとても慕っていたとされていますね。小学生のころからSMAPとして活動し、芸能界のすべてをこのIさんとともに歩んできた香取慎吾さんにとって、元マネージャーのIさんはかけがえのない存在。

そのIさんがジャニーズ事務所を辞めることになり、残念という気持ちがメンバーや事務所への不信感という形になってしまった。

そんな悲しい構図が見えてくるようです。

残念なこと、悲しいことがあったとき、自分を守るために、または日常生活を送れるようにするために誰かにそのエネルギーを向けてしまうことがありますよね。

香取慎吾さんはメンバーで言えば木村拓哉さんに不信感という形で気持ちを整理していたのかもしれません。

そしてジャニーズ事務所に対しても不信感しか残らなかったのではないでしょうか。

たしかに事務所があったからこそSMAPもここまで来れたことは間違いないでしょうが、そもそも人間は感情の生き物ですからね。

香取慎吾さんは感情の部分が強い性質なのかもしれません。

一方、木村拓哉さんはかなり冷静なタイプに映りますね。SMAP育ての親ともいえる元マネージャーとの独立案にも一人乗らず。

メンバー内での孤立もありながらも、事務所に恩義を尽くす。計算高いというより、冷静なんだろうな。と思いますね。

人間的にどっちが好きか、といったら香取慎吾さんの心情の方が理解できますよ。人間っぽいっていうか。でも40代に入って、芸能界も20年を越えてくる大人としての判断を冷静に淡々と選んできたのが木村拓哉さんなのかなと思います。

SMAP解散で香取慎吾は何をしたいのか?

ダウンロード (1)

SMAP解散で香取慎吾さんは一体何がしたいのでしょうか??SMAP結成25周年で、コンサートや番組出演に同意しなかった香取慎吾さんはじめメンバーたち。

香取慎吾さんの報道のみですが、様子は一貫して今後の事を意に介していない様子。。。普通、芸能界にしがみついているような人たちは火消しに躍起になったりするものですよね。

今後の事を考えた対応をするはずです。しかしあまりそんな様子もないし、報道だけをみていると香取慎吾さんが解散を主導した、というように見えます。

これでは世間一般的に香取慎吾さんの心証が悪くなります。

そこにはもしかしたら違う力が働いているのかもしれませんが、そもそも香取慎吾さんが芸能界に執着していない。そんな姿が浮かび上がってきます。

Sponsored Link

恋愛禁止の「しばり」からの解放

香取慎吾さんは裏方で活躍するのでは、という報道もあります。
images

さらに長くついあっている彼女がいるとの報道も。

SMAPが解散したら「恋愛禁止」という縛りもさすがになくなってきますよね。

もし俳優さんとして、司会者として、その他の活動で末永く活動してくためにも、結婚し家族を作るというのはプラスに働いてくると思います。

人生の様々な経験をするのは、人間としての器を大きくすることだからです。

解散してしまったグループに対して「解散して悲しい」といつまでも言うのではなく、これからの活躍を応援するほうが私としては自然です。

物事には必ず良い面もあります。解散して良かった、ということが必ずあるので、そうした面を見て今後も応援していきたいと思いますね。

こちらの記事も読まれています↓
スマスマでSMAP生謝罪?メンバーが説明?解散最新理由とは
 

SMAP解散で誰が得するのか?

images (3)

SMAPの解散で結局だれが得するのでしょうか?

もともとジャニーズ事務内での勢力争いがあったと報道がありますよね。様々なことは常にリンクしていますから、そうした勢力争いと今回のSMAPの解散がリンクしていたと考えるのが自然です。

ただ、ジャニーズ事務所は2016年1月のSMAP解散危機から、SMAPファンからその対処の仕方を批判され続けていました。

いままでもそうしたことは少なくありませんでした。

今回のSMAP解散は事務所の自浄作用?のようになっていくのかなと思います。今のままではうまく回らなかったのだから、変化をしていかなければいけない。

きっとこれほどもまで長く芸能界に大きな影響力を与え続けているジャニーズ王国。きっと時代の変化にも対応し、新しい体制をもって21世紀も夢と魔法の世界を見せ続けてくれるのではないでしょうか。

そう強く期待しています。

解散となると一見すごくマイナスな印象ですが、きっとSMAPの元メンバーも、ジャニーズ事務所にとってもよい選択だったのだと後から思えることと願っています。

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ