鳥取2016年地震震度6で本震はいつ?原発への影響?安室奈美恵

鳥取県の2016年の地震と10月21日の大地震。果たして今回のが本震だったのでしょうか?

鳥取県の地震で気になる原発への影響は?地震の影響で安室奈美恵さんもライブ中止しています。地震の気にある影響も見ていきましょう。

鳥取県の2016年の地震

鳥取県は2016年になって震度3以上の揺れが多くなっています。今までも中クラスの地震が良く起きる土地でした。

さらに鳥取県の過去の巨大地震を調べてみますと、1710年以降で7回も起きています。

2000年に鳥取県西部地震(M7・3)が起きて、その時の負傷者が141人。さらにさかのぼって1943年の鳥取地震(M7・2)でが死者1083人、負傷者3259人と、マグニチュード7クラスの地震が100年のうちに二回も来ているんですね。

巨大地震といえば東海地方とかを思い浮かべますが、鳥取県も意外と地震の多い地域なのですね。はっきり言ってノーマークでしたので、さぞかし鳥取県の方々も驚いていますよね。

Sponsored Link


 

鳥取県震度6の地震、本震は?

鳥取県の2016年10月21日の地震。マグニチュード6.6でしたね。かなりの巨大地震です。どのくらいの規模かといえば、2016年4月の熊本地震の前震がマグニチュード6.5でしたから、そうとうな大きな地震でした。

気象庁はこの鳥取の地震後1週間は震度6程度の地震に注意するように、と警告しいます。ということは、これから本震が起きる可能性も否定できないのでしょう。

熊本地震のときもまさにそうでした。前震が起きたときは、それが本震と思いましたからね。そのあと大きなのがまた来て。。。。地震は終わってみないとわかりませんね。

気持ち的な備えも準備しておかないとですね。鳥取県のみなさん、どうぞ揺れにはご注意ください。今回の鳥取の地震は本当に広範囲にわたって揺れましたよね。

広島、岡山と。規模の大きなものでした。もし今後、おおきな本震がやってきたらその被害は計り知れません。いつも注意しておくことで防げる被害もあると思います。

Sponsored Link

鳥取県の原子力発電所への影響は?

鳥取県の地震といえば、気になるのが原子力発電所。

10月21日現在、中国電力の情報によると、松江市にある島根原子力発電所は運転停止中。この地震による異常はなし。

四国電力によると、震度3の揺れを観測した愛媛県伊方町にある伊方原子力発電所は、3号機が運転中。この地震による異常はなかったため、運転継続中です。

福井県に原子力発電所を持つ関西電力と日本原子力発電、日本原子力研究開発機構の情報では、福井県内の原発は地震の影響なしとのこと。

線量計にも異常はなかった模様。この情報が正しければ、東日本大震災のようなことにはならないでしょうか。情報が正しいことを祈ります。。。

鳥取地震まとめ

専門家によると、鳥取県を含めた山陰地方の近くはひずみがあり、地震が良く起きる地域が内陸にひろがっているとのこと。

今後はまだまだ予断を許せる状況ではなく、さらに大きな地震の可能性もあるとのこと。最新の情報に気を付けるとともに、常に避難できるように準備しておきたいですね。

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ