浅草ほおずき市の由来と開催いつ?浅草寺のアクセスと限定お札!

浅草のほおずき市が今年も始まりますね!浅草のほおずき市がいつから始まるのか?場所はどこでやっているのでしょうか?

ほおずきの値段、アクセスについて、またほおずき市の由来やご利益のあるお札についてもご紹介していきます!

Sponsored Link

浅草のほおずき市の由来は?開催日時は?

thlo

浅草のほおずき市、夏の風物詩ですよね。このほおずき市の由来についてご紹介いたします!

毎年50万人以上が訪れる浅草の夏の一大イベント、浅草のほおずき市。

 

浅草ほおずき市の由来

thNLYVWG54
ほおずき市は観音信仰と深い関連があります。浅草寺のご本尊は聖観音菩薩さまですよね。観音様とご縁がある日(「縁日」)は毎月18日とされていました。

縁日に参拝すると大きな徳があると信じられています。室町時代以降「欲日(功徳日)」という縁日が新たに付け加えられました。この功徳日に参詣すると、1回の参詣で百日分、または千日分の参拝に相当するご利益(功徳)がある、とされているのです。

 

そうであるなら、誰しもその功徳日に参詣したいですよね!

 
7月10日は「大功徳日」とされ、「四万六千日」と呼ばれ、この日お参りすると、4万6千日分のご利益があるとされました。江戸時代、大功徳日の参拝が盛んになり、気の早い江戸っ子ならではなのですが、7月10日に1番乗りで参拝したいという人々が出てきて、前日の9日から訪れるようになり、前日も含めた両日、7月9日、10日の両日が四万六千日の縁日

 

浅草のほおずき市の始まり

th4SQOH4MM
元々は、愛宕神社(東京都港区)の千日詣りの縁日で、ほおずきは薬草として売られていました!
ほおずきは薬草だったんですね!

その昔、源頼朝が奥州討伐の帰りに浅草で軍の休みを取って、病の兵士達に、ほおずきの赤い実を食べさせ、元気をつけさせたところからと言われています。

ほおずきで元気になったなんて、縁起の良い話ですね〜。でも現在浅草のほおずき市で売られているほおずきは食用ではないのでお気を付けください!(;^_^

  • 開催日:2016年7月9日(土)・10日(日)
  • 開催時間
    浅草寺本堂:8:00頃~21:00頃
    浅草寺参道:6:00頃~20:00頃
  • 問合せ先:浅草観光連盟
  • 電話:03-3844-1221

 

 

浅草のほおずき市はどこで?アクセスは?

thEA8TZB8I

浅草のほおずき市はどこで行われるのでしょうか。

 

  • 開催場所:浅草寺本堂および参道
  • 浅草寺住所:東京都台東区浅草2丁目3-1
  •  

    アクセスは在来線の浅草駅から徒歩五分で到着!

    • 都営地下鉄浅草線:浅草駅A4出口から徒歩約5分
    • 東京メトロ銀座線:浅草駅から徒歩約5分
    • 東武スカイツリーライン:浅草駅から徒歩約5分
    • つくばエクスプレス:浅草駅から徒歩約5分

    ※浅草寺には駐車場はないので、台東区雷門地下駐車場をはじめとした、近隣の駐車場になります。込み合うので、公共交通機関のほうが無難です!

     

    Sponsored Link

    浅草のほおずき市のほおずきの値段は?お札は?

    浅草のほおずき市の楽しみはなんといってもほおずきをいろいろ物色しながら、自分好みのほおずきを買うことですよね!

    thWRRQ9DZD

    気になるほおずきの値段ですが、

    ・ほおずきと風鈴のセット 2,500円

    ・枝ほおずき      1,000円

     

    このほか、ほおずきを100円でばら売りしているところもあります。

    たくさんの人出なので、気に入った鉢や風鈴を見つけたら、購入することをおすすめします。午後になると人出もかなりおおくなりますから、午前中が人出もそこまで多くなく、ねらい目かもしれませんね。

    ちなみに上記の価格は協定できめられているので、どのお店で買っても同一料金です。ラッキーなら値切れることもあるかもしれませんね!

     

    ほおずきは厄除けの意味もあると、いくつも買っていく人もいますよね。
     

    浅草寺の雷除け黄札はこの時期だけ!

    th7YAWJ6S9

     

    ほおずき市開催の二日間に浅草寺に参拝すると、4万6千日(126年)分のお参りとおなじご利益があるといわれていますので、ほおずき市に行って、ほおずきだけ買って帰るのはもったいないです!

    必ず浅草寺にお参りを忘れないでくださいね!ほおずき市開催中の二日間は、黄色の掛け紙の雷除けの「黄札」が浅草寺より授与されますよ。貴重なお札ですので、ぜひ!

     

    今年のほおずき市は7月9日10日が土日に当たり、多くの人出が予想されます。境内は100軒のほおずき露店が立ち並び、夜遅くまで行われます。浅草の夜のワクワクする感じ。本格的な夏がきた!と何とも言えない楽しい気分になってきます(^_-)-☆事故やけがなどに気を付けて、日本の夏の風物詩を楽しみたいですね!

    Sponsored Link
    サブコンテンツ

    このページの先頭へ